ワインセラーで保つワインのコンディションが美味しい味を造り出す


ワインを美味しく飲むためには、コンディションとバランスが重要です。
通信販売などでワインを購入して飲む人も多いかと思いますが、すぐに抜栓して飲んでみて、「なんか違うな……」と感じたことはありませんか?
これは、ワインのコンディションとバランスが崩れた状態にあるからです。

宅配便などで配送する場合、長時間にわたって揺れが起こってしまうことで、そうした状態になってしまうのです。
この場合、ワインセラーで最低4、5日の安静期間をおくと元のバランスに戻ります。
ワインは、おおよそ動かした日数分、安静させるといいといいます。
そのため、輸入されたばかりのワインだった場合は、もっと長い期間安静させたほうがいいわけです。
また、配送時の宅配クール便についてですが、ちょっとした注意が必要です。
夏場はもちろん室温が30℃以上になるため、通販などで配送してもらう場合、ワインの宅配はクール便が絶対条件となります。

しかし、20℃以下の涼しい春や秋でもクール便を使用するのはちょっと考えものです。
クール便は5℃前後になるので、急に冷やしすぎると温度差が出すぎてしまって逆によくない場合があるのです。

This entry was posted in ワインセラー. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります

    None Found