ワインには「飲み頃」がある


ワインには飲み頃の期間があり、ほかのお酒と比べてコンディションの維持がとても重要です。
ワインは、まったく同じワインであっても飲む時期によって味が変化します。
ワインの飲み頃というのは産地や品種によって違うのはもちろん、人の好みによっても変わってくるかもしれませんが、そのワインのピークを過ぎてしまっては味が落ちていってしまいますので、自分なりの飲み頃を見つけて、最高潮のときに飲むというのが醍醐味であるといえるでしょう。

一般論でいえば、デイリーワインは3年以内に飲むのが良いとされ、高級ワインの飲み頃は第一期で5年後からといわれます。
偉大なワインは、その後何年もの長い間飲み頃を保ち、その間、瓶の中で緩やかに熟成していきます。
この緩やかな熟成というのが非常に重要で、熟成のスピードが速すぎても遅すぎてもいけません。

1年を通して寒暖の差が少なく、一定の温度と湿度を保つことが条件となり、理想的となるのはワイナリーなどの地下にあるカーヴです。
しかし、日本のように四季があり寒暖の差が非常に大きな環境であっては、ワインの熟成には向かず、ワインセラーを使用するのが最適となってくるのです。

Comments are closed.